2018-11-10

マイセン・真夏の夜の夢・680691 ハンドルクリーマー・23773サイズ:高さ8.5cm
素材:陶磁器
※モニターの発色の具合によって実際のものと色が異なる場合があります。

シェークスピア戯曲 ミッド・サマー・ナイト・ドリーム

4日後に アマゾン国のヒッポリタとの結婚式を控える アセンズ公シーシアスに難問が持ちかけられる。
貴族の父が 自分の望む若者 ディミートリアスと 娘ハーミアを結婚させようとするが 娘には 思う人ライサンダーがいて 言うことを聞かない。
父は 「父の言いつけに背く娘は 死刑とする」という古い法律に則って アセンズ公に刑の執行を申し出る。
結婚式を前にして 悩む公は 娘ハーミアに 父の言いつけか 死刑かを 4日間の間に 選ばせる。ハーミアは ライサンダーと相談のため 夜の森で 密会する。 
ハーミアを思うディミートリアス ディミートリアスを慕うハーミアの友ヘレナの二人も 先の二人を追って森へ行く。
時を同じくして アセンズ公の結婚式の出し物を演ずる6人の職人も森へ 練習に出かける。このアテネの森には 「とりかえ子」を巡り 喧嘩中の妖精王 オベロンと 王妃 ティターニアがいる。もつれる4人と 二人の妖精を 仲直りさそうと 妖精のパックが媚薬をもって奔走するのですか パックの媚薬の手違いから 妖精王にロバの頭に変えられた職人のツェットルに 王妃がまんまとひっかかったり 4人の若者たちが 相手を取り違えたりの 喜劇を演じます。
そして最後は 4人の若者たちは収まるところに収まり 妖精王と王妃も円満に戻り 6人の職人達もシーシアスとヒポリタの結婚式で無事に劇を行う事になった。目出度し目出度しの物語です。

ヨーロッパでは夏至の日やヴァルプルギスの夜に、妖精の力が強まり、祝祭が催されるという言い伝えがある。
劇中でも小妖精のパックや妖精王オーベロンなどが登場する。特にトリックスター的な働きをするパックは人々に強い印象を与え、いたずら好きな小妖精のイメージとして根付いている。パックはもとはプーカ などとして知られていた妖精のことである。
『夏の夜の夢』の執筆時期と最初の上演がいつだったのか正確な日付は不明であるが、1594年から1596年の間であったと考えられている。
1596年2月のトーマス・バークレイ卿とエリザベス・キャレイの結婚式で上演するために書かれたとする説もある。
『夏の夜の夢』の構想の元となった作品は不明であるが、個々の登場人物や出来事は、ギリシャ神話や古代ローマの詩人オウィディウスによる『変身物語』、アプレイウスの『黄金のロバ』といった古典的な文学から流用されている。

ヴァルプルギスの夜: 古代ケルトにはバルティナあるいはケートハブンと呼ばれる春の祭りが5月1日にあり、この祭りの前夜がヴァルプルギスの夜などと呼ばれ魔女たちがサバトを開き跋扈(ばっこ)するなどと伝えられていた。
ケルト人たちは1年を暖季と寒季の2つにわけ、暖季を迎えるこの日を、寒季の訪れる11月1日のサァオインあるいはハロウマスの祭りとともに季節の変わり目として大切にしていた。

グロッサー・アウシュニット型 1969年発表作 

偉大なマンネリズムを 標榜し 伝統を受け継ぐ一方で 20世紀の新風を求めて 創作美術集団クンストラー・コレクティヴを 1960年に立ち上げました。
新グロッサー・アウシュニット型が ここから生まれました。
ハインツ・ヴェルナー絵付けによる「アラビアンナイト1001夜」や「真夏の夜の夢}」や「ブルーオーキッド」等のヒット作も ここから生れました。

錬金術師−1
古代文明で生まれた 賢者の石(卑金属を黄金に変える秘宝の石)
この研究は やがて 古代ギリシアや アラビアに 迷信的に 深まりました。
中世科学者も その迷信を信じ 進歩著しい 科学的分析手法を用いて 追い求めました。
皮肉にも 多くの一流科学者の 熱心な迷信研究は 近代科学的発明に 大いに貢献しました。
近代科学の先駆者 ニュートンでさえ この迷信を 信じていた一人でした。実を結ぶはずの無い この迷信は 神秘主義に陥り,やがては 秘法を手に入れたと吹聴する詐術者の横行を 生み出しました。 
彼らは 各国の王より 研究資金や 原材料費の 名目で多くの黄金を せしめました。
黄金変成の 約束期日が近づくと 逃亡を企てるのですが,王の厳しい追跡に ほとんどが捕まり 極刑に処せられました。
ベトガーは 小さい頃から 利発な子で 語学や数学を会得すると 化学に興味を持ちました。ベルリンの 薬剤師の徒弟になった ベトガーは 師から1通りの知識を 吸収すると,周りの反対を押し切って 賢者の石の秘法 発見の道へと のめり込んで行きました。

磁器の起源は 中国は後漢の頃 紀元1〜2世紀に 端を発します。
古磁器を経て 紀元6世紀 中国河北省で ほぼ今の磁器に 遜色なきものになり 11世紀宋代に至り 近くにカオリンシャンを擁する 景徳鎮が 1300度の高温で 美しい白磁を 完成しました。
13世紀 日本を 黄金の国 ジパングと呼んだ マルコポーロが 美しき海の寶貝 ポルツェラーナ
(ポースレーンの語源。寶貝は 古代通貨でもありましたので 白い黄金にも通じました。)
と 賞賛し イタリア・ヨーロッパに初めて紹介しました。
それまでにも アラブの玄関口であるイタリアには シルクロード経由で 先に入手していた アラブの王様から 自分の威光を 誇る 贈り物として 入ってきておりましたが 東洋からのものと 判明したのは マルコポーロによります。
この時 彼は 完品は高すぎて手が出ず 破片を 持ち来ったそうです。 
ヨーロッパにおける 磁器の焼成は 16世紀の古きから アラビアと東洋の 玄関口であった ベネツィアで 先ず 試みられましたが 曇ったガラス球に終わりました。同じ16世紀に フィレンツェ大公(富豪メディチ家)は 砂 ガラス水晶粉を 粘土と混ぜた見事な焼き物(軟質磁器)に成功するのですが やはり 東洋の秘法による白い黄金には とても及びませんでした。
その後も 欧州各地で 白い黄金の焼成が 試みられますが 総て 陶工達によるものでした。 
磁器のガラス質に 惑わされた彼らの せいぜい成功らしきものでも 随分 白い黄金には 見劣りのする 軟質磁器(ヴァンサンヌに続く セーヴルでも フリット軟質磁器)どまりでした。

一方  本家中国の景徳鎮で 14世紀には 磁器最後の姿 染付の完成を見ます。
東洋では 千数百年の長きにわたる 多くの職人達の 勘と経験を 積み重ねた 結晶の賜物として 花開きました。片や西洋では 憧れの白磁を 科学的に分析することで 錬金術師(中世における 科学者の呼称)ベトガーは わずか3〜5年で 1710年に完成させました。
ザクセン王国 宮廷科学顧問官 チルンハウス(彼とて 多くの陶工と変わらず 磁器のガラス質に惑わされ 軟質磁器の研究に 堕しておりました。化学的変成にこだわり 分析と 実験の王道により 白磁を極めたベトガーは やはり非凡の天才でした。)の 白磁研究の基礎に 助けられたとはいえ 西洋科学分析手法の 優越性は ベトガーへの個人的資質の賞賛のみにとどまらず 明治維新の日本でも 優れた西洋科学として 競って受け入れられました。
今や 日本をはじめ 東洋は 西洋を 凌駕せんばかりの 勢いです。
少し理屈っぽくなりましたが 磁器をめぐり 東洋と西洋の違いを 言ってみたかったのです。












シェークスピア戯曲 ミッド・サマー・ナイト・ドリーム

ピカピカの 新品です。 現品 即納

グロッサー・アウシュニット型 1969年発表作

偉大なマンネリズムを 標榜し 伝統を受け継ぐ一方で 20世紀の新風を求めて 創作美術集団クンストラー・コレクティヴを 1960年に立ち上げました。
新グロッサー・アウシュニット型が ここから生まれました。 ハインツ・ヴェルナー教授 絵付けによる「アラビアンナイト1001夜」 「真夏の夜の夢」 「ブルーオーキッド」等のヒット作も ここから生れました。



価格
187,500円 (税込 202,500 円) 送料別
1〜3日以内に発送予定(店舗休業日を除く)
残りあと1個です
個数 
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く
この商品の配送方法
  • 宅配便